我々は、とある傷により数日寝たきりになってしまいました。
寝たきりになったせいで、筋肉はそげ落ち脂肪が体全体に付いてしまいふとってしまいました。
また飲んでいる薬による反作用も、ふくよかになってしまい、それ以来減量をするようにしました。
意外と、傷が直るまでいまいち運動ができなかったので、食物のことから見直していくことにしました。
減量を意識していない時は、油っこい食物が多く、野菜や果物などはいまひとつ食べていませんでした。
これでは、脂肪が溜まる上に健康にも良くないと願い、なるたけ野菜やスウィーツには果物を取るなどするようにしました。
野菜が嫌いなので、どうしたら食べることができるかを考え、入れるようにしました。
一層、なるべくカロリーを制するために薄味にしたり、ゆでたりなど工夫していきました。
また、夜中に食べないようにしたりスイーツを遠ざけたりしました。
飲み物やサッカライドの多い飲料は避けて赴き、お茶を飲み込むようにしました。
食物消息筋は、烏龍茶を飲むと減量効果があると聞いたので、烏龍茶を呑むようにしました。
傷が多少治ってからは、望める範囲の筋トレって有酸素運動をしました。
筋トレでは、腹筋やスクワットなどをして大きな筋肉を鍛えました。
それにより、下地入れ替わりが上がるのでカラダで脂肪を燃やし易い身体が出来上がるからてす。
燃やし易い身体を出しながら、脂肪燃焼効果のある有酸素運動、ランニングなどをしました。
また、早く寝たりストレスを溜めないなど、なんだかんだ気持ちおつけながら生活をしています。
ストレスを溜めてしまうと、逆に挑発太りしてしまいますので、余裕減量を心がけていきたいとしています。
これからも、減量を意識した生活を送っていく中で、ストレスを溜めないように気持ちおつけていきたいと思います。レビトラ